レンジフード

2020/06/18 活動情報

これが無ければキッチンのレイアウトは自由ですね‼
面倒な掃除もおさらば‼


改正建築基準法が施行された2003年7月以降
シックハウス症候群予防の為
全ての建築物に機械換気設備の設置が義務付けられました。

住宅の居室には換気回数0.5回/h以上の機械換気設備(いわゆる24時間換気システム等)の設置が必要になったのです。

その機械換気とは

1種換気(給気、排気とも換気ファン)
2種換気(給気は換気ファン、排気は換気口)
3種換気(給気は換気口、排気は換気ファン)

の3つ種類があります。

その中で一般的な住宅での採用率が高いのは、3種換気ではないでしょうか?


ざっくり言いますと、
キッチンのレンジフードとトイレ、浴室の換気扇で排気し(計算上足りなければ洗面所に換気扇設置)
各居室に穴をあけて給気口を設置するだけで24時間換気システムの出来上がりです。
手間的にもコスト的にも高いパフォーマンスを発揮します。

しかし、本当に1居室容積の0.5回/h以上換気してくれてるのでしょうか?

家の中で一番強力な換気扇は…キッチンのレンジフードです。
こいつを回したとたんに、排気するはずのトイレと浴室の換気扇から外気が逆流してくるのです。
家の大きさにもよりますが、もしかしたら強力な換気扇で0.5回以上の換気はできているかもしれませんが…

レンジフードを回しているということは、料理をしています。
家中の汚れた空気が料理をしているところに集まってくるって
ちょっと不衛生で抵抗がありますよね?
解決策としては、無くせばいいのです。

冒頭にも言いましたが
レンジフードが無くなるとキッチンのレイアウトにものすごい自由が生まれます‼
そして、面倒な掃除から解放されるのです‼

では
24時間換気は?
料理中の換気は?
などなど、疑問がでてきますね‼


が…またの機会にご説明したいと思います。